ふとん打ち直しと手作り木綿敷き布団、腰痛に効果的な敷き布団     

 | Home | 敷布団の選び方 | 店舗紹介 | 注文方法 | お客さまの声 | ブログ | 特定商取引法 | サイトマップ | 

 

敷き布団は天然素材

長谷川英則

ふとんの仕立て屋さんを運営する創業明治2年 「ふとんの長谷川」

6代目:長谷川 英則です

◆快眠アドバイザー

◆ダウンプロフェッサー

◆ピローアドバイザー

布団に魂を入れる職人

ご注文方法

お電話

050-5586-0508

またはメールフォームにてご注文くださいませ。

布団の打ち直しはややこしいことがあるので、お電話の方が早いかもしれません。

布団の打ち直しや羽毛布団のリフォームはこちらから

木綿布団の新規ご購入はこちらから

レンタル布団のご注文はこちらから

買う前に相談・質問したいという方は
無料相談フォーム
をクリックしてください。

公式LINEアカウントからもご質問・ご相談いただけます。

支払方法について

代金のお支払いは、佐川急便の代金引換もしくはクレジットカードでお願いいたします(綿布団の打ち直しは現金のみの決済となります)。
※代金引換手数料は当店で負担いたします。


※クレジットカードでお支払いはメールアドレスが必要となります。綿布団の打ち直しは代金引換のみです。当店のクレジットカード決済はSquareのシステムを採用しております。


※振込み等ご希望のお客様はメールにてご相談ください。


配送料と納品日

配送料込の価格となっております(ふとんの打ち直しのみ関東地方以外は別途送料あり)。
※沖縄・離島は除く
納品日は10日から2週間見ていただいております。


ご希望日がございましたらご相談ください。


配送による梱包資材は再利用しております。ご贈答用などご希望の場合は別途ご相談ください。

当店へのご来店について

大変恐縮ですが、ご来店前に事前にお電話でご一報くださいませ。

(月曜定休)

直通電話

090-9156-4951

Ferretアクセス解析
野田・貸ふとん
野田
貸ふとん
寝具・ベット
寝具

野田の情報サイト

 

※お知らせ

 

布団の打ち直しの金額の細かいご相談などはお電話で連絡ください。メッセージやLINEからでも結構です。

 

長谷川 英則 携帯 090-9156-4951

 

 

 

 

お知らせ 5月3日〜5日までのレンタル布団のご予約は終了いたしました。

 

野田市の貸し布団は当店で

 

野田市全域・流山市全域(一部地域を除く)配達します。

 

※流山市の配達対象外地域は南柏駅近辺(向小金など)豊四季駅近辺(野々下など)になります(2組以上のご注文ならば可・詳細はお問い合わせください)。

 

※柏市は柏の葉キャンパス駅・柏たなか駅近辺のサービスになります。詳細はお問い合わせください。

 

埼玉県春日部市にもサービスはじめました。


ふとんのレンタル(貸し布団)

納品時間・回収時間ご相談に応じます

当店ではふとんのレンタル(貸し布団)サービスもございます。

野田市全域・流山市全域・春日部市・越谷市(一部)サービスです。

 

貸ふとんイメージ

 

 

貸ふとんイメージ1 貸ふとんイメージ2 貸ふとんイメージ3
全てカバーが付きます 中身には毛布もあります 敷き、掛け、毛布、枕

 

 

 

レンタル布団のご相談はこちらから

 

レンタル布団のご注文はこちらから

 

 

 


※受付は当日の午前中まで大丈夫です(月曜定休)

 

ご予約・ご注文はお電話もしくはメールフォームにてお願いいたします。

 

電話番号

 



ふとんの「わた」はこうして作られる

当店で使用している敷き布団の「わた」は東京都足立区の興野製綿所で製綿されております。


これがわたの原綿です。


機械にかけて高温殺菌し、わたを打ってほぐします。


ほぐしたわたを整えます。


そのほぐれたわたを機械が上手に折りたたんでくれます。

こうしてわたが出来上がるのです。

こうして出来上がったわた。多くのわたは、インドで栽培されたものなのです。

インドの方々が一生懸命栽培してくれたわた。このわたを職人が魂をこめてつくるのです。
そんな敷き布団、あたたかくやさしいに違いありません。

ふとん屋さんの独り言

◆なぜ?その@
羊毛混敷き布団というのがあるのですが、ふとんのわたは羊毛にポリエステルわたをまぜて作成。中心にはこれまたポリエステル入りの素材を使う。でもなぜか、側生地は「化繊より吸湿性と肌触りが良い綿100%」とある。
なぜだ〜!?
ほぼポリエステルの敷き布団なのに側生地だけ綿100%にこだわる?

  • ◆なぜ?そのA
    巷の羽毛ふとんは「ハンガリー産、ポーランド産の羽毛を使用(しかも日本製)」などとうたって安価に羽毛ふとんを提供しているのをよく見るのだが、ハンガ リーやポーランド産の羽毛を輸入している量よりはるかに多い「ハンガリー産やポーランド産」の羽毛ふとんが売られている。
    いったいどんなマジックを使っているのだ!?

  • ◆なぜ?そのB←一部解決!
  • 50万円の羽毛ふとん。なんで50万もするの?きっと生地に宝石でも埋め込んでいるのでしょう・・・。
解決:大手寝具製造会社の社員の方から伺った話
価値の高い羽毛は何回にもわたって選別作業をしているとのこと。その回数が多いほど選りすぐりの羽毛となりそれを使った羽毛ふとんはそりゃあ、高くなります。非常に軽くて暖かいらしいです。この会社のようにある程度信頼のある会社だったらいいのですが、訪問販売などではとても50万するような羽毛ふとんではない代物があるのも事実。


◆なせ?そのC
ベビーの敷き布団、固綿が良いと指導されています。理由は背骨が曲がるからとか?
とか言って、固綿のポリエステル100%の安いベビーふとんが平気で売られているのだが、それって赤ちゃんのためになっているの?
しかも「側生地は身体にやさしい綿100%」なんて表記もある。身体にやさしいのならなんで中わたも綿100%にしないの?不思議だ・・・

ふとんの仕立て屋さん:運営者 ふとんの長谷川